新幹線台車の強度不足

台車に亀裂が入っていて危うく破損するところだったことから、改めて台車の調査が行われ、設計値よりもかなり薄く削った(報道によると8ミリの板厚の板を最大で3.3ミリ削った)ものが10台以上見つかって世間を騒がせている。
ある新聞のコラムでは、日本のモノづくりが危うくなってきたとか、現場との情報のやり取りができなくなったとか、書かれていたりする。
でも、小さな町工場ならともかく、大企業では現場と設計とは切り離された状態が昔から普通である。というより昔の方がエリート層と肉体労働者層とが分かれていてコミュニケーションは、取れていなかったように思う。実際、私も30年近く前のことであるが、設計では考慮できていなかったことが現場ではよく発生していた。今回の台車のように設計には無い、何かを合わせるために板を削ったり穴をあけたり、ということはある意味日常茶飯事であったように思う。
ただ、その当時問題とならなかったのは、今のように有限要素法などの解析をそれほど活用していなかったので、かなり大きな安全率をとっていた、というのがあると思う。現在は、解析手段が発達・普及し、PCの能力も上がったことからかなり詳細な、限界に近い設計を行っている。つまり安全率を下げて設計している(設計することができるようになった)。
これに伴い、現場との情報共有も密になっていなければならなかったのが、そちらの方は昔とほとんど変わらない状態であることが、今回の台車の問題となっているように思う。
もしかすると、最近あちこちで問題となっている検査関係の不正などもそのような構造的な矛盾(技術の発達に人間の方が追い付かないこと)が顕著になってきた、ということかもしれない。