メッシュを切るということ

メッシュには主に三角形と四角形がある。ソリッドだと四面体(テトラ)と六面体(ヘキサ)となる。当然三角形だとメッシュが切りやすいわけだが、計算精度が落ちてしまう。そこで三角形と四角形を組み合わせたメッシュ分割もある。

有限要素法が使われだした頃は、メッシュを自動で切ることができず、さらにCADもなかったので図面から座標を拾ってメッシュを定義していた。もちろん大きな部分を定義してその内部を計算機に分割させるのですべてのメッシュを手動で定義するわけではない。この時代は手間はかかっていたがメッシュの形状は細部まで把握できていたので個人のスキルのみで精度の良いメッシュを作成することができた。

メッシュの自動分割が当然のようになると、何も考えずにメッシュ作成することができメッシュの形状を考慮する機会が減った。もちろん、アスペクト比を計算したり、鋭角になったりするメッシュを見つけることができる。ただ、見つけたとしても自動で作成されたメッシュを手動で修正するのは容易ではない。近傍のメッシュが影響を受けるからである。

複雑な形状だと、解析の結果でメッシュの形状がおかしいことに気づくこともある。その段階でも気づかないようであれば、スキルの問題だろう。