ニュートンの運動方程式

減衰比による振動の有無

何気にあちこちに現れるニュートンの運動方程式。減衰項と弾性項を付けると振動の式が完成する。

この運動方程式をもとにして振動解析が行われる。ニュートンの運動方程式は単純な式ながら物理現象を説明するためにはあらゆるところで使用することができる重要な式である。

高校で習う公式なので当たり前のように出てくるが、今一度一から復習してはどうだろう。

投稿者: CAE通信教育

東京大学工学部卒 某大手重工メーカーで護衛艦とか気象観測船とかの官公庁の船舶の構造設計を主に行う。 その後、人工衛星の機構解析や打ち上げるときの振動、強度解析なども担当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です