輻射熱

概念が分かりづらいが、輻射熱って何気にすごい。

普通に考えると熱は物質がないと伝わらないような気がするが、輻射熱は真空中でも伝わる。なので太陽からの熱の恵みを受け取ることができる。

もちろん、普通に輻射熱の恩恵を受けていて日常でも7割程度は輻射熱による熱らしい。

真空中でも伝わるものと言えば、重力とか電磁波だが、輻射熱は実は電磁波のエネルギー(の一部)が熱に変換されたもの。とすると熱の伝わる速度は光の速度となり、例えばヒーターを付けた瞬間に熱い、と感じるはずだがそんなことはない。熱に変換されるのに時間がかかる、ということだろうか? 伝熱速度などは解析では通常行わないのでたき火の絵を見てふと思った次第。